歌と声の人

上手くなっている気がする

歌手自身の声のうるささについても考えただけになってたなー

ヘッドホンで録音を聞きながら歌って、ヘッドホンをずらして自分の声を聞こえるようにしてさらに歌って、としたところ、かなりの大音量で再生しているけれど、録音の音量と自身の声の音量が大差ないような感覚。部屋が狭いからというのもあるかもしれない。

しかしそれを思うと、やはり歌手自身の声による騒音障害というのはあってもおかしくないかも。長時間演奏し続けているような環境だと自身の声が騒音となって、と考えると、まず実演の機会を考えるが、ホールだと声が向こうに行くからそうでもないかもしれない。となるとやはりレッスンからリハーサル室での大きい練習のような環境こそで。

そうか、がっつり声が出てる合唱なんかのほうが、耳の真後ろから歌声が発声されているような状況が頻発するかもしれない。オペラの重唱なんかよりは、まずより一般的だろう。となると、合唱団員に聴力検査をしたら、無作為のいろんな人との差が出るか、出るかも、というところからかしら。